開催まであと

閉じる

新潟の魅力

新潟県・新潟市の概要

 新潟県は、本州の日本海沿岸のほぼ中央部に位置し、信濃川や阿賀野川など数多くの河川が日本海にそそいでいます。川の下流には越後平野、高田平野など広大で肥沃な平坦地が広がり、全国有数の食料供給基地を形成しています。
 面積は12,584㎢(全国5位)、人口は約230万人(全国15位)の大きな県で、江戸時代から明治初期には、人口全国1位の県でした。
 新潟市は、新潟県の県庁所在地であり、サンフランシスコ、天津、リスボンとほぼ同じ緯度にあり、東京から北北西約250キロメートル、上越新幹線で約2時間の位置にあります。日本海、信濃・阿賀野の両大河、福島潟、鳥屋野潟、ラムサール条約登録湿地である佐潟など、多くの水辺空間と自然に恵まれ、コハクチョウの越冬数は日本一を誇ります。
 江戸時代から物流拠点「新潟湊」の機能を生かして賑わいを見せていた「新潟町」は、1858年に、アメリカ・イギリスなど5か国との修好通商条約によって、函館・横浜・神戸・長崎とともに開港5港の一つに指定され、世界に開かれた港町となります。
 1889年、市制を施行。以来、戦争・大火・地震などにみまわれながらも、そのつど復興を成し遂げて発展。1996年には「中核市」に指定され、2005年には、近隣13市町村との合併により、歴史や文化財、郷土芸能、花や豊富な食材、豊かな自然など、さまざまな面でさらに魅力を加え、本州の日本海側最大の都市として大きく飛躍しました。
 国際空港や港湾、新幹線、高速道路網などが整備された交通拠点であると同時に、国内最大の水田面積を持つ大農業都市でもあるという、他の都市には見られない特徴を兼ね備えており、これまでにない政令指定都市として、これからも発展を続けていきます。

会合開催都市としての魅力

 新潟県及び新潟市は、県・市連携のもと2008年G8労働大臣会合や2010年APEC食料安全保障担当大臣会合及び2016年G7新潟農業大臣会合など、ハイレベルな国際会議の開催実績を積み重ねながら、日本海拠点都市の推進と、田園文化都市としての個性化に取り組んできました。
 新潟市では、2011年から「ニューフードバレー構想」を立ち上げ、農業を含めた食産業全体が互いに連携して発展するまちづくりを進めています。2014年には、大規模農業の改革拠点として「国家戦略特区」に指定され、農業への企業参入や農家レストラン、特区民泊などが実現しました。また、農業分野が抱える課題を解決するために、革新的技術を有する大手企業や農業ベンチャーと連携し、国内最先端のスマート農業を積極的に展開しています。
 2013年に「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録され、日本の食に世界の注目が集まっていますが、新潟には広大な穀倉地帯を背景に、国内外で評価の高い“新潟コシヒカリ”や新潟の新しい米“新之助”、米を原料とするトップブランドの高品質な日本酒があり、四季の変化に育まれた多彩な農産物・水産物・畜産物とあわせて、食によるおもてなしで世界の賓客をお迎えいたします。
 また、1869年に開港五港の一つとして開港され、2019年に開港150年を迎える新潟港は、北前船の寄港地であり湊町として発展してきました。このような歴史をもつ新潟には、外来の人々をもてなす料亭文化や芸妓文化が今も継承されており、食のしつらえも堪能いただけます。
 G20各国等の代表団が集い、国際的な観点から農業の諸課題について話し合い、力強いメッセージを発信する地として、新潟は相応しい場所であると考えています。

日本海拠点都市
~国際空港や港湾、新幹線、高速道路網などが整備された交通拠点都市~

  • 新潟空港

  • 新潟西港

  • 新潟駅

  • 高速道路網

新潟で開催されたハイレベルな国際会議
~2008年G8労働大臣会合、2010年APEC食料安全保障担当大臣会合、2016年G7新潟農業大臣会合~

  • G8労働大臣会合(2008年5月)

  • APEC食料安全保障担当大臣会合
    (2010年10月)

  • G7新潟農業大臣会合(2016年4月)

新潟市で展開している主なアグリプロジェクト
~大手企業や農業ベンチャーと連携した実証実験~

  • (株)新潟クボタ
    自動運転コンバイン及び自動運転トラクタの連携による稲刈り同時耕うん

  • 井関農機(株)、(株)ヰセキ関東甲信越他3社
    スマート農業 企業間連携実証プロジェクト

  • ベジタリア(株)他2社
    革新的稲作営農管理システム
    実証プロジェクト

新潟の象徴 米を中心とした食のおもてなし
~新潟の強み『食のトップブランド』による和食文化の発信~

無形文化遺産に登録された『和食』を、新潟の食でご堪能いただけます。

  • 国内外で評価の高い“新潟コシヒカリ”と新潟の新しい米“新之助”

  • 新潟すし三昧“極み”

  • 多彩で個性豊かな高品質日本酒

  • 豊富な地元食材を使った郷土料理“のっぺ汁”

新潟の食を彩る 花街のおもてなし
~湊町の歴史と共に発展してきた、料亭文化・芸妓文化~

  • 新潟市中央区鍋茶屋通り

  • 新潟古町芸妓

暮らしと芸術が息づく越後随一の豪農の館
~北方文化博物館~

  • 大広間から覗く庭園

  • 母屋正面

  • 藤棚

PAGE TOPへ